外航海運事業【船舶営業】

事業内容

  • 船主業
  • 船舶売買仲介
  • 用船仲介

事業紹介

外航海運事業の船舶営業部門では、邦船社を中心とする一流用船者との長期用船を基本としています。現在の保有船型としては大型鉱石船、自動車専用船といった高付加価値船が中心。大型船のプロジェクトは、船舶仕入れ時の船価、用船料、用船期間の取り決め、船員費の上昇、インフレを見越した船舶管理費、金利、為替などの資本費、これらの変動要素(マーケット)の見方により左右されますが、創業以来、長年蓄積した、世界経済の視座、海運、金融マーケット観、および、運航ノウハウを活かし、長期安定型のプロジェクトに取り組んでいます。また、近年では日本船籍の外航船保有、船舶管理、船員配乗という新たなプロジェクトへの取組みも開始いたしました。 さらに、長年の船主業を経て構築した国内外のネットワークを生かし、外航船、内航船、船種を問わず、船舶売買や用船仲介などのブローキング業務も行っています。