外航海運事業【船舶管理】

事業内容

  • 船舶管理(工務、海務、安全、建造監督、売買船立会い)
  • 船員管理(訪船活動による船員の技術指導)

事業紹介

外航海運事業の船舶管理部門は、船主事業を後方から支える技術部門であり、積荷を安全かつタイムリーに目的地に輸送するために船舶を良質な状態で維持管理することを目指しています。
出港から入港までの航海、停泊中、安全な荷役業務のみならず、培ってきた経験や知識を活かし、新造船建造や売買船業務等のサービスも提供しています。
また、日本人船員を含む様々な国の若手海技者の育成を図り、提携するフィリピン国ではマンニング会社、トレーニング施設を活用して優秀な船員の発掘にも力を注いでいます。船主としてのポリシーを正しく理解し実践出来る人材の育成を心掛けています。
定期的な訪船活動では、保船指導だけでなく、安全に運航するための意識や技術、環境破壊を防ぐための諸規則を理解させるための教育も行っています。

このように、本船(自社船員)と陸上(自社社員)が相互に関わることで、人命・貨物・船舶の安全を確保しています。そして、海洋における国際条約を順守し、環境への取り組みや社会インフラとしての責任を果たしています。