社会インフラとしての責任CSR of LIBERA GROUP

リベラグループは社会物流インフラとして、船舶の提供と運航面の安全の確保に努めています。フェリー・物流事業における陸運事業ではGマーク認定による信頼の確保、デジタルタコグラフ導入によるエコドライブを推進しています。さらに、フェリー事業では北海道と本州を結ぶ重要な交通インフラとして、利用者の方に「安心・安全」の提供に努めています。

外航海運 輸出入の中心インフラである「船舶」の提供 img
img
外航海運 安全運航の徹底による人命・貨物・船舶の安全確保 詳しくはこちら閉じる
  • 訪船チームによる船員教育を実施し、船とスタッフが互いに理解を深め、情報共有と知識の伝承により、船員の技術向上を目指しています。
  • 毎月船舶管理会議を開催し、事故防止策や諸対策を協議し、安全運航を目指しています。
外航海運 地方船主の業務支援(船型入替サポートなど)
内航海運 安全な国内海上輸送の提供
フェリー 北海道と本州を結ぶ海の道として、安全・安定した運航を実施 詳しくはこちら閉じる
  • 北海道-本州間を最短航路で結び、物流・人流ルートの要となっています。船舶と陸上スタッフとの連携により定時運航を徹底し、安定した輸送サービスを提供します。
  • 本州最北端の下北半島大間町大間港(青森県)~函館港への定期航路運航については、公設民営方式により、大間町が船舶を建造、所有し当社が公の指定管理者として運航管理運営を行い、通院・買い物など生活航路としての航路維持の他、地元地域と連携し観光航路としての利活用促進を行っております。また、同航路においては、通院割引の導入など新たな取り組みを実施しています。
  • 船尾のスラスター装備により、操舵性・安全性を確保しています。(ブルーマーメイド、ブルードルフィン)。2017年就航の新造船についても同様の装備がされ、当社運航の大型船3隻全てに完備されることになります。
img
  img  
フェリー バリアフリー対応施設で快適な利用を実現 詳しくはこちら閉じる
函館・青森・大間ターミナル全てにボーディングブリッジ(以下PBBと表記)並びにエレベーターを建設、設置しています。このPBBにより、ターミナル入り口から船内までがバリアフリー化され、船舶への乗船、下船を安全に行うことができ、お子様、ご高齢の方、お体の不自由な方など幅広い方々に安心を提供しています。また、船舶の入れ替え建造に伴い、全ての船舶にエレベーターまたはエスカレーターを設置。船内におけるバリアフリー化も整いました。
車イスのお客様のご乗船の際にはスタッフによる乗下船サポートを実施しています。
img
  img  
フェリー 他の交通機関との連携による多様な交通サービス・アクセスの提供 詳しくはこちら閉じる
  • NEXCO東日本様と高速道路乗り放題パス+フェリー運賃割引チケット販売
  • 各ターミナルと最寄駅間における定期路線バスの発着
  • 長距離バスとの連携による徒歩での利用者に対する交通網の拡充
  • フェリー利用者へのお得なタクシー定額プランサービスを提供
  • JR北海道、函館バス、函館市電、行政と連携し、函館近郊の2日間乗り放題チケットを開発。フェリー運賃を優遇し、観光推進の一助として機能
フェリー EV車用の充電設備を導入
物流 Gマーク認定 (㈱ネクスト) 詳しくはこちら閉じる
貨物自動車運送事業法に規定する輸送の安全確保等に関する項目について、㈱ネクストが「安全性優良事業所」(Gマーク取得)として認定されました。
物流 デジタルタコグラフ導入 詳しくはこちら閉じる
その日の運行状況、速度、急な加減速、アイドリングなどを管理し、安全運転、輸送品質の向上に努めています。