ニュースリリースTOP ニュースリリース

津軽海峡フェリー株式会社(本社:北海道函館市・代表取締役社長:石丸周象、以下 津軽海峡フェリー)は2015年6月1日(月)午前9時30分より、ノスタルジック航路「大間~函館」の就航船舶「大函丸(だいかんまる」に於いて、昨年4月韓国で発生した「セウォル号」の重大海難事故を踏まえ、万一の航行中の事故を想定した危機管理訓練を実施致します。

 この危機管理訓練は、万一の航海中の事故における安全管理対策として、船陸間での連絡体制並びに お客様への避難誘導を迅速かつ正確に対応するべく定期的に実施しているものであります。訓練では、函館海上保安部、第一管区海上保安本部函館航空基地、函館運輸支局にもご協力頂き、お客様の避難誘導 並びに 救命いかだを投下する他、ヘリコプターによる救助活動などの総合的な訓練を実施いたします。

津軽海峡フェリーではお客様の安心・安全を第一に社員一同全力で取り組んでまいります。



■危機管理訓練について
 訓練日時:2015 年 6 月 1 日(月) 9:30~10:00 伝達・避難誘導訓練
 主 催 者:津軽海峡フェリー株式会社
 参加官庁:函館海上保安部、第一管区海上保安本部函館航空基地、函館運輸支局
 実施内容:情報伝達訓練、防水作業、避難誘導、総員退船訓練、
        非常対策本部組織 並びに 編成実施訓練 ※ヘリコプター救助含む
        (※ヘリコプター救助訓練は、当日の天候により中止となる場合がございます。)

 

【事故想定】
 「大函丸」は、2015 年 6 月 1 日午前 9 時 10 分、旅客 35 名、車輌 10 台を積載し、函館港より大間港向け航行中、午前9時20分頃、函館港外にて濃霧により視界不良となる。船長の指示により当直員(みはり)を増員すると共にエンジンを減速として航行中、函館港向け入港中の貨物船「津軽海峡丸」をレーダーで捕捉。周辺海域には多数の漁船や停泊船を確認したため、津軽海峡丸の針路を無線で確認し航海を継続していたが、突如、津軽海峡丸が漁船を避けるために予定針路を変更し本船へ接近、衝突を防止するための回避行動を実施したが、9 時 30 分頃、本船船体中央部に津軽海峡丸が衝突した。本船の船体に破口が生じ防水作業を施すも、浸水が激しく転覆の恐れがあるため、船長からの退船命令により、総員退船に至る。


■当社の安全管理規定について
 当社の安全管理規定に関しましてはこちらをご参照ください。
 企業の社会的責任(安全管理規定)

 

■ISMコードについて
 当社は上記安全管理規程の安全方針に基づき、高品位に安全運航を継続し、環境保護に積極的な取り組みを
 進める為、国際海事機関(IMO)が採択したISMコード(国際安全管理規制)を任意に取得し、更なる安全性の
 向上に努めております。ISMコードの詳細に関しましては、こちらをご参照ください。
 安全への取り組み


以上