【リリースNo.2016-006】


関係各位

2016年7月5日
津軽海峡フェリー株式会社



【プレスリリース】2016年10月11日より津軽海峡ロード「青森~函館」へ新造船登場!
カジュアルクルーズフェリー「ブルードルフィン」デビュー!(認可申請中)
~災害時多目的船としての設備を備え、燃料消費量・CO₂排出量を削減した環境に優しいフェリー~



津軽海峡フェリー株式会社(本社:北海道函館市・代表取締役社長 石丸周象、以下津軽海峡フェリー)は、
2016年10月11日(火)函館発22便(20:15)より津軽海峡ロード「青森~函館」航路(以下 当航路※1)へ
新造船「ブルードルフィン」(以下 本船)が就航いたします。

本船は「ブルーマーメイド」※2と同型船であり、「災害時多目的船」※3として大規模震災時には救助活動に寄与
できる設備を搭載し、燃料消費量の削減及びCO₂排出量の削減が可能な最新鋭で環境に優しいフェリーとなります。
また、本船の客室部コンセプトは「ブルーマーメイド」に続き「カジュアルクルーズ」を採用。
2017年2月就航予定のもう1隻の姉妹船と合わせ、計3隻で統一した客室設備や大型犬の対応など
お客様のニーズに合わせたサービスの提供が可能となります。

当航路への本船就航がますますの地域活性化、発展への一助になれるよう、津軽海峡フェリーはこれからも
お客様に安心で安全な船旅を提供するとともに、津軽海峡エリアの魅力を発信し地域に密着し愛される
フェリーを目指します。

尚、本船は現在当航路へ就航中の「ブルードルフィン」の代替船であり、
お客様から長年にわたり親しまれてきた同船名を継承いたしました。



※1:津軽海峡ロード「青森~函館」ノスタルジック航路「大間~函館」に続き2014年に命名した当航路の愛称です。
※2:「ブルーマーメイド」は2014年4月16日に津軽海峡ロード「青森~函館」航路に就航した大型フェリーです。
※3:「災害時多目的船」とは「ストレッチャーが収容可能なエレベーター並びに空間」や「救急室」、
   また陸上設備への給電設備を装備し、大型清水タンクにより陸上への清水供給も可能です。


 



<コンセプト>
~客室~

2014年4月に就航した「ブルーマーメイド」同様、多様化するお客様の旅行スタイルに合わせ、
様々なお客様ニーズに対応出来るよう設計。客室には海を眺めながら「船旅」をリクライニングシートで
楽しめる「ビューシート」のほか、1名あたりのスペースが現行の「ブルードルフィン」よりも1.3倍広くなった
「スタンダード」や客室数を増やした豪華スイートルームを設けております。

~災害時多目的船~
船内はバリアフリー設計でストレッチャーが収容可能なエレベーターや多目的トイレ、救護室を備えております。
・ショアランプドア(サイドランプ)設備により可動橋設備がない一般岸壁に接岸可能
・スタンダード、通路、エレベーターなどにおいて幅や奥行に配慮し、災害時にストレッチャーの搬入が可能
・その他、雑用清水供給、電力供給、ドクタールーム完備、衛生設備の増設(多目的トイレ、シャワー室)

~燃料消費量及びCO₂排出量の削減~
1機1軸2サイクルの主機関及び異型可変ピッチプロペラの採用により燃料消費量の削減(約20%)
及びCO₂排出量の削減が可能

<船名「ブルードルフィン」の由来>
2010年より、津軽海峡フェリーの青森-函館航路に就航している「ブルードルフィン」。
就航から現在に渡り、長い間、多くのお客様に親しまれ愛されてきました。
コーポレートカラーである「ブルー」と、津軽海峡で出会うことができ、当社イメージロゴでもある「イルカ」。
2016年10月就航の新造船は、広く浸透してきた「ブルードルフィン」の名を継承し、愛らしい姿に大人から
子供まで人気の高い「イルカ」のような、皆様から愛されるフェリーを目指します。

<客室>

 

 

 

 

 

 

 



◆ご予約について 
ご予約はご乗船日の2ヶ月前9:00から電話・Web・各旅行代理店にて受付いたします。
※Web限定(台数・人数限定)で3ヶ月前からご予約を受付いたします。
※新造船「ブルードルフィン」の第1便は2016年7月11日(月)午前9:00から受付開始

<お客様のご予約・お問い合わせ先>(電話予約受付時間9:00~18:00)
函館支店:0138-43-4545 / 青森支店:017-766-4733 / 大間支店:0175-37-3111

◆進水式の様子をムービーで公開中!詳細は⇒こちら

以上