ニュースリリースTOP ニュースリリース

関係各位

2015年3月23日

リベラ株式会社

 

山口県光市における太陽光事業について

 


リベラ株式会社(本社:広島県呉市、代表取締役社長:隅田 耕次、以下 リベラ)は、リベラが主たる出資者として設立しております合同会社が、山口県光市(旧、光カントリークラブ)において建設を予定しております「大規模太陽光発電所」の建設工事に先立って、平成27323日に現地にて地鎮祭が実施されましたことをご報告申し上げます。



本施設は、株式会社新生銀行を主幹事とした、株式会社もみじ銀行、株式会社西京銀行および株式会社山陰合同銀行のシンジケートによるプロジェクトファイナンス(約60億円)を資金ソースとして建設され、平成291月より商業運転開始を予定しております。


瀬戸内海に面した山口県光市の約400,000㎡の用地を活用して生産する約20MW(メガワット、約6,300世帯分の電力消費量相当)の再生可能エネルギー発電量は、中国地方では最大規模となります。


本設備が稼動して生産されました電力は、平成247月に施行されました「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づく電力供給契約により、20年の間固定金額にて中国電力株式会社に全量売電致します。



【プロジェクトの概要】


事業名称   : 山口県光市メガソーラー事業


事業主体   : 光エナジー合同会社


総 工 費  : 約70億円


発 電 量  : 約20メガワット


計画敷地面積 : 約400,000


商業運転開始 : 平成291月予定

 

===========================================================================================================================================

 ■本件に関するお問い合わせ

【担当】リベラ株式会社

    広報・CSR担当 矢野 TEL:0823-20-1016

【受付】平日 9:00~17:00