先輩社員インタビュー

陸上勤務 先輩社員 2009年 商船学科機関コース 卒

出張訪船が多く、海外への出張もあり、毎日刺激を感じながら仕事をしています。

【Q1】船舶管理の仕事内容を教えてください 主な内容は担当船の安全管理・技術管理・コスト管理となります。事故をできる限り予防し、早期発見をする事が非常に大事になります。

【Q2】今までに取り組んだ業務の中で最も印象深い業務は 担当船のドックを中国で完工した事です。半年程度かけて準備を行い、全ての作業について私が決定権を持っていますので、重大な責任も伴いますがその分やりがいも感じます。

【Q3】どういったことに気を使いながら仕事をしていますか 毎日の業務のなかで船長、船員に指示する立場であり、判断・決定を行わないといけない立場です。指示を出す側として、根拠のない指示はしないように心がけています。

【Q4】5年後の自分は? フィリピン人・日本人船員から信頼されるような機関長になります。

【Q5】入社動機を教えてください 私は商船高専を卒業しましたが、リベラでは船員としてだけではなく陸上でも、また海外でも働けるチャンスがあり、今後大きくなる会社であると感じた事が、リベラへの入社を決めた一つの要因です。

【Q6】入社前と後でギャップがあれば教えてください 入社前は、海運会社は堅苦しい雰囲気なのかなと思っていました。しかし実際は、出張、訪船が多く、海外への出張もあり、毎日刺激を感じながら仕事をしています。

【Q7】あなたが思うリベラスタイルとは? 海外へ常に目を向けて、進化し続ける会社であると感じます。若い社員が多いので5年後、10年後は、今以上に活力のある会社になると確信していますし、日本の海運業界を引っ張る存在であると思います。

【Q8】休日(オフ)は何をして過ごしますか 船員時代に比べて体を動かす機会が極端に減った為、体力維持を目的にジョギングや筋トレをしています。

【Q9】就活中の学生へひとこと 就職は非常に重要なターニングポイントですので、自分自身にとってプラスになる会社を選んでもらえば良いかと思います。夢や目標がある方は、妥協せずに貪欲に就職活動に取り組んで下さい。