1日のスケジュール

1日のスケジュール

08:00
出社

会社には毎朝、社宅から車で通勤しています。この日は、オリーブの収穫日。
私は収穫したオリーブの実の重さを量る計測チームに任命されました。
1日の始まりは朝礼から!当日行う作業内容を確認し、作業に必要な道具の準備等を行います。

9:00
収穫・計測

オリーブの量が集まるまで、まずは収穫チームと一緒に収穫作業を行います。
オリーブの実を傷つけないために収穫はすべて手摘みです。そのため、背の高いオリーブの木から実を摘む作業は一苦労。安全を確認しながら、脚立に登って収穫します。
収穫が終わった畑から、順次計測を行います。計測は、その年のオリーブ収穫量を表すので大事な作業の1つです。

12:00
ランチ

ご飯を食べて、午後からの作業に備え、一息入れます。ランチを食べたら、もうひと頑張り!引き続き、収穫と計測を行う予定です。

15:00
運搬・選果

計測がすべて終わったら、収穫したオリーブを収穫チームと手分けして自社加工場へ持って行きます。加工場に到着したら、まずは「選果」という収穫したオリーブの中から傷ついた実や病気にかかった実をよける作業を行っていきます。これも手作業!大変ですが、高品質なオリーブオイルを搾るための大事な作業です。

ここまでの作業が終わると、続きは加工チームにバトンタッチ!加工場にあるオリーブの搾油機で収穫当日中にオリーブオイルに加工します。

17:00
道具等の片付け

私は使用した道具を片付けて、この日の作業は終了です。お疲れ様でした。

私がこの会社に入社した理由は、農業を通して地域を盛り上げたいという思いでした。
入社して1年目の仕事は、栽培現場を中心に作業を行いました。初めてのことばかりで大変でした。1つ1つの作業のやり方やその作業に必要な道具を覚えるに必死でした。
2年目の仕事は、栽培・加工に関する作業内容やスケジュールの企画中心の作業を行いました。事務所内で企画に関する資料の作成や加工場内でオリーブの搾油関係の作業を中心に行いました。3年目は、もう一度、栽培現場に戻り、1年目の作業の復習と新しい作業のやり方を学んでいます。困ったことがあったら、上司や同僚が相談に乗ってくれますので、良い職場環境です。