SDGs(持続可能な開発目標)への取り組み

リベラグループでは、「社会貢献(社会インフラとしての責任/地域貢献/教育支援)」「環境への取り組み」「コンプライアンス」の3つのテーマで活動に取り組んでいます。 社員一人ひとりが、社会へ与える影響に関心と責任を持ち、持続可能な社会を目指すために行動していきます。

世界を変えるための17の目標
リベラグループのSDGs達成に向けた取り組みは、外務省のホームページにて、紹介されています。

【社会インフラとしての責任】

  • 世界の物流を支える安全な海上輸送の提供
  • 北海道と本州を結ぶ海の道として、安全・安定した運航を実施
  • バリアフリー対応船舶の提供
  • 災害時多目的船として、有事の救援・救助活動対応可能な船舶を整備
すべての人に健康と福祉を 産業と技術革新の基盤をつくろう 人や国の不平等をなくそう 住み続けられるまちづくりを パートナーシップで目標を達成しよう

【地域への貢献】

  • 芸術文化活動への支援
  • 地域ブランドの確立
  • 地域交流イベントへの参画
  • 高齢者雇用の創出
働きがいも 経済成長も 産業と技術革新の基盤をつくろう 住み続けられるまちづくりを パートナーシップで目標を達成しよう

【教育支援】

  • 市民向けオリーブ栽培講習の実施
  • 地元教育機関への職場見学・インターンシップの受け入れ
  • 地元学生団体への海洋研究活動支援
  • 健康な食文化の実現のための食育活動
すべての人に健康と福祉を 質の高い教育をみんなに

【環境への取り組み】

  • クリーンエネルギー事業(太陽光発電)への出資
  • CO2 排出量を削減に配慮した船舶の整備
  • 地元企業と協力した無農薬栽培による環境と人に優しい循環型農業への取り組み
エネルギーをみんなに そしてクリーンに 気候変動に具体的な対策を 海の豊かさを守ろう 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう