01

GLOBAL SHIPPING

外航海運事業

〈船舶保有業・仲介業・船舶管理業〉

船舶保有業

世界を舞台としたダイナミックな海運ビジネスを展開

船主

外航海運事業では、邦船社を中心とする一流用船者との長期用船から比較的短期間の用船まで、国内外、用船期間を問わず幅広く船主業を行っています。保有船型は、大型鉱石船、油槽船、LPG船、自動車専用船のほか、汎用性のある中型バルカーなど多岐にわたります。各プロジェクトは、船舶仕入れ時の船価、用船料、用船期間の取り決め、船員費の上昇、インフレを見越した船舶管理費、金利、為替などの資本費、これらの変動要素(マーケット)の見方により左右されますが、創業以来、長年蓄積した世界経済の視座、海運、金融マーケット観および運航ノウハウを活かし、長期安定型のプロジェクトに取り組んでいます。
また、日本船籍の外航船保有、船舶管理、船員配乗への取り組みに加え、エネルギー効率が高く環境に配慮した最新鋭の新造船舶への投資も進めています。

仲介業

国内外のネットワークを駆使して最適なソリューションをご提案

船舶売買仲介・用船仲介

長年の船主を経て構築した国内外のネットワークを活かし、外航船、内航船、船種を問わず、船舶売買や用船仲介などのブローキング業務も行っています。

船舶管理業

長年培ってきた経験と技術を
活かして船舶を安全に運航

船舶管理(工務、海務、安全、建造監督、売買船立会い)

外航海運事業の船舶管理部門は、船主事業を支える技術部門であり、船荷を安全かつ適切に輸送する船舶を良質な状態に維持、管理する業務を担っています。出港から入港までの航海、停泊中、安全な荷役業務に限らず、新造船の建造監督や売買船業務にも培ってきた経験や知識が活かされています。

船員管理(訪船活動による船員の技術指導)

日本人を含むさまざまな国の若手海技者の育成を図り、提携する船員配乗会社、教育施設を活用し優秀な海技者の発掘にも力を注いでいます。また、積極的な訪船活動により、保船指導だけでなく、安全に運航するための意識や技術、国際条約を正しく理解するための教育も行います。
船主の要求を正しく理解し実践できる人材を育成しつつ、本船(自社船員)と陸上(自社社員)の相互の関わりを深めて、人命・貨物・船舶の安全を確保します。そして、海洋における国際条約を遵守し、環境への取り組みや社会インフラとしての責任を果たします。