HISTORY

沿革

1974年

3月

外航海運事業

東洋汽船(株)として広島県呉市
に資本金2,500万円で設立

1987年

4月

外航海運事業

東京支店を東京都千代田区に
開設

1989年

7月

外航海運事業

社名を東洋汽船(株)からリベラ(株)に変更

1990年

7月

外航海運事業

広島県呉市 呉駅前に本社リベラビル竣工

1999年

9月

外航海運事業

リベラ(株)の資本金を2億3,000万円に増資

2003年

9月

外航海運事業

東京支店を中央区銀座に移転

2005年

8月

フェリー・物流事業

リベラ(株)を存続会社として東日本フェリー(株)、
東日本観光サービス(株)、東日本輸送(株)、九越フェリー(株)と合併

2006年

10月

フェリー・物流事業

新たにフェリー運航事業を担う東日本フェリー(株)設立

11月

外航海運事業

リベラ(株)の資本金を2億3,000万円から8,000万円に減資

12月

フェリー・物流事業

(株)ネクスト設立

2007年

3月

外航海運事業

持株会社への移行のため組織改革の実行

4月

外航海運事業

社名をリベラ(株)からリベラホールディングス(株)に変更

9月

外航海運事業

東京支店を千代田区霞が関 霞が関ビルに移転

2008年

4月

外航海運事業

リベラ(株)の資本金を8,000万円から1億円に増資

8月

地域活性化推進事業

山本倶楽部(株)設立

10月

フェリー・物流事業

フェリーグループを統括するホールディング会社として、ブルーオーシャン(株)設立

10月

フェリー・物流事業

道南自動車フェリー(株)の株式を取得

11月

フェリー・物流事業

フェリー運航事業を東日本フェリー(株)から道南自動車フェリー(株)へ継承

2009年

5月

外航海運事業

リベラグループ組織改革を実行し、リベラホールディングス(株)をリベラ(株)に社名変更

11月

フェリー・物流事業

道南自動車フェリー(株)を存続会社として東日本フェリー(株)と合併。
同時に津軽海峡フェリー(株)に社名変更

2010年

10月

外航海運事業

リベラ(株)を存続会社として、フローリッシュリアルエステート(株)と合併

2011年

3月

地域活性化推進事業

江田島オリーブ(株)設立

4月

外航海運事業

経営効率化の為、組織変更

2015年

3月

内航海運事業

泉汽船(株)の株式を取得

2016年

7月

地域活性化推進事業

江田島オリーブファクトリー開店

2020年

8月

地域活性化推進事業

山本倶楽部(株)を存続会社として江田島オリーブ(株)と合併